脳力を加速させるメソッド

アスリートのスイッチ
[No.62] 2017-10-03 Tue 22:11
 最終試合を前日に控えた国体選手に
LINEでアドバイスした。

 この日までの試合は、実力を出し切れず全敗。
 落ち込み具合も相当なものだった。

 明日の勝利のために、何をどう伝えようかと悩んだ挙句、
おそらくはコーチ陣が軽視している部分、
セルフコントロールについて伝えることに決めた。 

 なぜ、桐生選手は10秒を切れたのか?
 なぜ、北島 康介がメダルを連取できたのか?

 緊張感をコントロールしつつ、試合を掌握していく方法を
脳のメカニズムに基づいて説明した。

 もちろん、アクティブ・ブレインのメソッドが軸ではあるが、
加えて、未来を記憶するやり方を細かく説いた。

 詳細については、セミナーの機会に譲る。

 元々、この選手は柔軟な性格で、
誰よりも素直だった。

 今日、試合会場に入ってきた時の顔を一目見て、
スイッチが入っていることを私は確信した。
 「もう勝つことが決まっている」

 案の定、ストレートで完全勝利。

 フィジカルなポテンシャルの高さに拠るところは大きい。
 が、たった一晩で、自分の脳をしつけたことが、
結果へとつながった。

 おめでとう!

 アスリートとして有終の美を飾れてよかった!
別窓 | 🌕Today's Memory | コメント:0 | ∧top | under∨
脳が開いていく感覚
[No.61] 2017-10-02 Mon 18:37
 11月3日のセミナーに向け、講義ノートを再作成中。

 その間にも、自分の脳が開いていくのがわかる。

 テンションが上がっているだけではないのか?

 そう思って、7ヶ月前に講義で使用した100個の単語をリピートしてみる。
 さすがに、パーフェクトではなく3個ほど抜けていたので、もう1回!
 
 できた!バッチリ!

 次は、円周率200桁をやってみよう!
別窓 | 🌕Today's Memory | コメント:0 | ∧top | under∨
セミナー講義ノート
[No.60] 2017-10-02 Mon 12:56
 昨日から、記憶術セミナーの講義ノートを見直ししている。
 現在のところ142ページのノート。
 前回開催時に気付いたことや、表現の変更がビッシリ書かれている。

 受講者の方に、より伝わりやすいものにするには、
更にテコ入れが必要だと判断。 
 
 10日以内を目処に作り直し!
別窓 | 🌕Today's Memory | コメント:0 | ∧top | under∨
脳のしつけ方を学ぶということ
[No.59] 2017-09-30 Sat 12:40
「記憶術」という言葉は、単なる標記上の文言だ、と最近思う。

このことは、受講者の方からの感想を読むとよくわかる。
ベースとなっているのは、人間学。幸せに生きるための学問。
アドラー的視点だったり、松下幸之助的言葉だったり、ナポレオン・ヒルっぽい思考等々。自己啓発&能力開発の要素をふんだんに散りばめて、「脳の使い方・しつけ方」を体得してもらう。

その中のほんの一部分を、昨日の福祉施設研修で盛り込んでみた。
参加者の自己肯定感と積極性が格段に上がった。
目の輝きが明らかに違う。

塾や学校、資格のための専門学校で教わるのは、問題の解き方だったり、点数の取り方、テクニックであって、脳の使い方ではない。脳の癖や弱み、つまりは脳の特性を知りトレーニングすることで、潜在能力が顕在化する。未知の自分、未見の我に出会い、そして驚く。エンジンが動き始める。

模試で全国1位になったり、志望校のランクを上げたり、事業を拡大したり、と受講後に理想の自分を手に入れた話は、枚挙にいとまがない。

地方の公務員さん、仕事にやりがいを持てない社会人、一歩進む勇気を持ちたい人、自分に自信がない人、夢をあきらめそうになっている人。。。

自分の脳をコントロールできるようにすれば、確実に「今」が変わる。
変わらない人間がいない。誰しもが2日間で。。。
難しくはない。落ちこぼれることもない。
不安に感じることはない。
このメソッドは、単なる記憶術ではない。

昨日、施設研修を受けた職員の方々と、次に会う1ヵ月後が楽しみでならない。
今から脳がワクワクしている。
別窓 | 🌕Today's Memory | コメント:0 | ∧top | under∨
自分の伸びしろに気付かない自分
[No.58] 2017-09-27 Wed 23:15
「記憶術」という言葉は、単なる標記上の文言だ、と最近思う。

このことは、受講者の方からの感想を読むとよくわかる。
ベースとなっているのは、人間学。幸せに生きるための学問。
アドラー的視点だったり、松下幸之助的言葉だったり、ナポレオン・ヒルっぽい思考等々。自己啓発&能力開発の要素をふんだんに散りばめて、「脳の使い方・しつけ方」を体得してもらう。

その中のほんの一部分を、昨日の福祉施設研修で盛り込んでみた。
参加者の自己肯定感と積極性が格段に上がった。
目の輝きを見れば明らかに違う。

塾や学校、資格のための専門学校で教わるのは、問題の解き方だったり、点数の取り方、テクニックであって、脳の使い方ではない。脳の癖や弱み、つまりは脳の特性を知りトレーニングすることで、自分の能力が顕在化する。

模試で全国1位になったり、志望校のランクを上げたり、事業を拡大したり、と受講後に理想の自分を手に入れた話は、枚挙にいとまがない。

地方の公務員さん、仕事にやりがいを持てない社会人、一歩進む勇気を持ちたい人、自分に自信がない人、夢をあきらめそうになっている人。。。

自分の脳をコントロールできるようになれば、確実に「今」が変わる。変わらない人間がいない。このメソッドは、単なる記憶術ではない。

昨日、施設研修を受けた職員の方々と、次に会う1ヵ月後が楽しみでならない。今から脳がワクワクしている。
別窓 | 🌕Today's Memory | コメント:0 | ∧top | under∨
BACK | HOME | NEXT